光樹とまと

2月20日、21日に行われる『アグリフードEXPO 大阪 2019』に出展します。

2月20日(水)、21日(木)に大阪で行われる『アグリフードEXPO 大阪 2019』に出展することになりました。

日本政策金融公庫主催のプロの農業者たちの国産農産物・展示商談会となっており、年に2回東京と大阪で開催されます。

 

光樹とまと部会は商談会の一環である「バイヤーマッチング」にも参加します。

バイヤーさんを事前に希望しておき、当日限られた時間内で商談するというものです。

小売 (通販 )、中食、外食、流通など国産農産物に興味を持たれているバイヤーさんが参加されます。

 

2018年産、光樹とまと

 

光樹とまとや加工品をアピールし、興味を持っていただけたらと思います。

 

全国各地から約450以上の農業者や食品加工業者が参加されるということなので、いろいろ勉強になりそうです。

2019年産の光樹とまとは順調に成長しています(1月7日時点)

新年あけましておめでとうございます。

今年も美味しい光樹とまとを皆様の元へお届けできたらと思います。

よろしくお願い致します。

 

今年の光樹とまと生育状況ですが、年明けから色がつきはじめました。

一玉収穫、ベースグリーンがあり、うまそうです。

 

2019年1月7日時点光樹とまと生育状況

2019年産の光樹とまとは順調に成長しています(12月13日時点)

毎年たくさんの方に食べて頂いている光樹とまとですが、2019年産のトマトはようやく一段目が大きくなりました。

収穫は1月上旬?かな

これからも光樹とまとの成長をお届けします(^^)/。

 

 

光樹とまとがだんだん赤く色づいてきました(2月1日時点)

光樹とまとの成長状況、2月1日時点の様子です。

 

20180201光樹とまと2

 

下の方になっているトマトの実が、赤くなってきました。
まだ青いものもありますが、実が沢山実っており、順調に育っています。

 

20180201光樹とまと1

 

20180201光樹とまと3

 

光樹とまとの特徴は、他のトマトより長く樹で熟してから収穫しています。
理由は、旨味がより増すからです。

 

そろそろ光樹とまとの季節がやってきます。

販売時期に関しては、またブログにてお知らせしたいと思います。

 

先々週、福岡の商談会に参加してきました。

 

光樹とまと 商談会

 

今回の商品は、光樹とまとの加工品(ソース・ジュース・お酢)。

試飲を実際にしてもらい、パンフレットを見せながら説明をしました。

光樹とまと加工品の良さをアピールしてきました。

 

 

光樹とまとを使用したソース・ジュース・お酢は好評発売中です。

贈り物やお土産にいかがでしょうか。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

東京の方から青果卸業様とシェフの方が光樹とまとの視察に来られました。(1月23日時点)

今年の光樹とまとの成長を視察に、青果卸業様とシェフの方がはるばる東京から見えられました

光樹とまとを栽培している川副町は、九州佐賀国際空港があります。
東京(成田国際空港・羽田空港)の便があるのでアクセスが良好なんです。

 

首都圏シェフ現地視察の様子

 

(シェフの方、現地視察の様子)

 

生産者の説明を熱心に聞きながら、ビニールハウスの様子、光樹とまとの成長具合をご覧になっていました。

 

青果卸業様の現地視察の様子

 

(青果卸業様、現地視察の様子)

 

光樹とまとは、ブランドトマトとして東京の市場で最高評価を受けるほどの人気商品です。

春には、「光樹とまとフェスタ」というイベントが行われ、全国各地のレストランなどで光樹とまとを使った料理が味わえます。
それぞれのお店で、魅力溢れる料理を用意しています。

光樹とまとは佐賀・九州のみならず、全国から注目されています。

 

イベントについても時期が来たらブログに書いていこうと思います。

 

光樹とまとを使用したソース・ジュース・お酢は好評発売中です。

贈り物やお土産にいかがでしょうか。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

2018年産、光樹とまとのビニールハウスはというと…(1月11日時点)

佐賀の平地でも今年初めて雪が積もりました。

 

光樹とまと 風景2

 

 

光樹とまとを育てている川副町は有明海に近い町なのですが、
こちらもうっすら雪が積もりましたよ。

 

光樹とまと 風景1

 

ビニールハウス横の田んぼです。

奥に見えるのがアスパラのハウスです。

アスパラのハウス(上の写真)には雪が積もりますが、光樹とまとのハウス(下の写真)には雪が積もりません。

光樹とまと ビニールハウス

 

理由は、暖房機が稼働し、光樹とまとを守ってくれてるからです。

真冬でも、光樹とまとが順調に成長できるような環境づくりを心がけています。

 

光樹とまとを使用したソース・ジュース・お酢は好評発売中です。

贈り物やお土産にいかがでしょうか。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

2018年産、光樹とまとの互評会を行いました。(1月10日時点)

先日、光樹とまと部会員12人が集まり「互評会」を行いました

 

 

「互評会」とは、部会員それぞれのビニールハウスを訪問し、
現在の光樹とまとの状況などを見てもらい意見交換しあう場のことです。

また、今後より良くするためにどうしたらいいかを話し合います。

大人数で意見交換したり、ハウスを実際見て回ることで、より良い光樹とまとを作る意識が高まります。

 

光樹とまとを使用したソース・ジュース・お酢は好評発売中です。

贈り物やお土産にいかがでしょうか。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

2018年産の光樹とまと、すくすくと順調に成長中。(12月時点)

今年も全国各地の方々に食べてもらい、大好評だった光樹(こうじゅ)とまと

来年発売される光樹とまとの写真を公開。

光樹とまと 成長段階

 

冷え込む日が多い中、ビニールハウスの中で、

まだ青いですが実を付けて順調に育っています。

 

光樹とまと 実

 

この時期から美味しいトマトを見分けることができます。

普通のトマトはだいたい6月ぐらいからが旬ですが、光樹とまとは春(だいたい2月くらいから)が旬です。

また、光樹とまと成長状況について更新していきたいと思います。

 

光樹とまとを使用したソース・ジュース・お酢は好評発売中です。

贈り物やお土産にいかがでしょうか。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

「光樹とまとジュース」全4種が揃いました!

今年の3月~6月に収穫した光樹とまとを使った「光樹とまとジュース」全4種が揃いました!

 

 

光樹とまとジュースは、その時期の本当に美味しいトマトだけを使用してジュースにするから、季節の移ろいを味で感じる…そんな感動をお届けします。

トマトの収穫時期による味の変遷や、追熟期間が異なる事により収穫シーズンに合わせた4つの味をお楽しみ頂けます。

大切な方への贈り物にピッタリの商品です。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

2017年光樹とまと販売終了!!

今年もたくさんの方にご愛顧いただきました光樹とまと!!

「レギュラー箱」「三ツ星光樹」も本日販売を終了致しました

 

2017年産の光樹とまと(青果)の販売は、全て終了いたしました

生のとまとは終わりますが、今年の光樹とまとで作った「光樹とまとジュース」「光樹とまとソース」の販売も始まっております(^_^)

 

そちらもぜひ、ご賞味ください!!

 

来年もたくさんの方に、光樹とまとを食べてもらいたいと思います。

またよろしくお願い致します

 

 

光樹とまと1kg

三ツ星光樹

TOPへ