光樹とまと

お知らせ

光樹とまと予約販売 好スタート

光樹とまとが予約販売開始してから、二週間弱。 

ありがたいことに、たくさんの方にご注文いただいております。

ご予約順に発送してますので、届いてない方はお待ちくださいね。

 

2月の中旬に2回目の互評会が行われました。

光樹とまとの販売が開始してから、初の互評会だったので

真剣にチェックし、意見を交換し合いました。

 

2月の互評会

 

これから暖かくなり、本格的に光樹とまとの季節になります。

是非、旬の光樹とまとを味わってみてください。

 

■発送開始予定

・光樹とまと レギュラー箱、秀お得用箱、特秀お得用箱(2月中旬~2月下旬予定)

・三ツ星光樹(2月下旬予定)

※ご予約順に発送致します。また、天候によってはお待たせする場合がございます。

 

購入はこちら→さがまちショップ

 

2018年産、光樹とまと予約販売開始

2018年産、光樹とまとの予約販売を開始しました!!

お待たせいたしました。

 

本日より、2018年産の光樹とまとの予約販売を開始しました!!

上記の商品一覧の中の画像をクリックすると販売ページ(さがまちショップ)にアクセスすることができます。

2018年産、光樹とまと

 

光樹とまとは、糖度・酸味・食味のバランスがひときわ良好です。

 

毎年大好評の光樹とまと、今年もたくさんの方に食べてもらえたら嬉しいです。

量が多いかもと思う方は一箱買って、友達や知り合い、親戚などでシェアするのもいいかもしれませんね。

この時期にしか味わえないトマトですので是非、ご賞味ください。

 

■発送開始予定

・光樹とまと レギュラー箱、秀お得用箱、特秀お得用箱(2月中旬~2月下旬予定)

・三ツ星光樹(2月下旬予定)

※ご予約順に発送致します。また、天候によってはお待たせする場合がございます。

 

購入はこちら→さがまちショップ

 

2018年産、光樹とまと予約販売開始

光樹とまとがだんだん赤く色づいてきました(2月1日時点)

光樹とまとの成長状況、2月1日時点の様子です。

 

20180201光樹とまと2

 

下の方になっているトマトの実が、赤くなってきました。
まだ青いものもありますが、実が沢山実っており、順調に育っています。

 

20180201光樹とまと1

 

20180201光樹とまと3

 

光樹とまとの特徴は、他のトマトより長く樹で熟してから収穫しています。
理由は、旨味がより増すからです。

 

そろそろ光樹とまとの季節がやってきます。

販売時期に関しては、またブログにてお知らせしたいと思います。

 

先々週、福岡の商談会に参加してきました。

 

光樹とまと 商談会

 

今回の商品は、光樹とまとの加工品(ソース・ジュース・お酢)。

試飲を実際にしてもらい、パンフレットを見せながら説明をしました。

光樹とまと加工品の良さをアピールしてきました。

 

 

光樹とまとを使用したソース・ジュース・お酢は好評発売中です。

贈り物やお土産にいかがでしょうか。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

東京の方から青果卸業様とシェフの方が光樹とまとの視察に来られました。(1月23日時点)

今年の光樹とまとの成長を視察に、青果卸業様とシェフの方がはるばる東京から見えられました

光樹とまとを栽培している川副町は、九州佐賀国際空港があります。
東京(成田国際空港・羽田空港)の便があるのでアクセスが良好なんです。

 

首都圏シェフ現地視察の様子

 

(シェフの方、現地視察の様子)

 

生産者の説明を熱心に聞きながら、ビニールハウスの様子、光樹とまとの成長具合をご覧になっていました。

 

青果卸業様の現地視察の様子

 

(青果卸業様、現地視察の様子)

 

光樹とまとは、ブランドトマトとして東京の市場で最高評価を受けるほどの人気商品です。

春には、「光樹とまとフェスタ」というイベントが行われ、全国各地のレストランなどで光樹とまとを使った料理が味わえます。
それぞれのお店で、魅力溢れる料理を用意しています。

光樹とまとは佐賀・九州のみならず、全国から注目されています。

 

イベントについても時期が来たらブログに書いていこうと思います。

 

光樹とまとを使用したソース・ジュース・お酢は好評発売中です。

贈り物やお土産にいかがでしょうか。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

2018年産、光樹とまとのビニールハウスはというと…(1月11日時点)

佐賀の平地でも今年初めて雪が積もりました。

 

光樹とまと 風景2

 

 

光樹とまとを育てている川副町は有明海に近い町なのですが、
こちらもうっすら雪が積もりましたよ。

 

光樹とまと 風景1

 

ビニールハウス横の田んぼです。

奥に見えるのがアスパラのハウスです。

アスパラのハウス(上の写真)には雪が積もりますが、光樹とまとのハウス(下の写真)には雪が積もりません。

光樹とまと ビニールハウス

 

理由は、暖房機が稼働し、光樹とまとを守ってくれてるからです。

真冬でも、光樹とまとが順調に成長できるような環境づくりを心がけています。

 

光樹とまとを使用したソース・ジュース・お酢は好評発売中です。

贈り物やお土産にいかがでしょうか。

 

さがまちショップからご注文出来ます →  さがまちショップホームページ

TOPへ