光樹とまと

農業マッシーン!

トマトの苗植える穴を掘る機械です。通常の草刈り機の先に専用の器具を装着しています。
これで1万個以上の穴をほがします。
失礼しました(笑)
穴を掘ります!

メンテナンス

本日は、光樹とまとの苗を植えるための、畝立て作業を行いました。
専用の機械を使用するのですが、毎年のことですが、年に一回しか使わないため、スムーズに動くまでに時間がかかります。
しかし、実は私、機械メンテナンスがあまり得意ではありません・・・。
… 途中うまくいっていましたが、思わぬところが故障し、また修理・・・。
午後から、作業をしている時間より、機械の修理している時間の方が長かったです。((+_+))
しかし、新しい個所の修理方法を学んだので良しと考え、また明日、顔晴ります(^^)

ビニール張り

先日、ハウスにビニールを被せましたよ!!
この作業が結構大変なんです。
10m×90mあるビニールをハウスに載せていくので、風が吹かない、早朝か夕方に行っています。
… そして、トマト生産仲間や近隣の農家さんに手伝いに来てもらい約十人くらいで行います。
先日は、5つのハウスのビニールを被せましたが途中から、豆がではなく、雨が降ってきて、びしょ濡れになりながら作業をしました。
手伝ってくれた農家さんには申し訳なかったですが、無事作業を終えることができよかったです。
作業後、恒例のみんなでお茶を飲みながら談笑!!
また、おじさん達の話がおもしろすぎる(笑)
しかし、山口出身の研修生には通訳が必要でした!(^^)!

苗の互評会

先日、光樹とまと部会の互評会がありました。
生産者の畑を訪問し、トマトの苗の出来具合を見て回りました。
今年は、病害虫の発生が少なく、トマト栽培での天敵である黄化葉巻病の発生も少ないので、どこの畑もよい苗が出来ていましたよ。
来年が楽しみです。

接ぎ木のつづき!!

先日、断根式を行ました。
断根式とは、トマトの接ぎ木苗の茎を切断する作業のことを、我が家ではそう呼んでいます。
… 右が断根前ので左が断根後です。
片方の茎を切断するので、トマトにストレスを与えないように涼しい夕方になってから執り行います。
次の日、トマトが萎れていなければ、接ぎ木成功となります。
これで、接ぎ木の一連の作業が終了です。
トマトも日に日に大きくなってきており、10月中旬には定植出来そうです。(^o^)丿

TOPへ