光樹とまと

美味しさのわけ

光樹とまと

光樹とまと

 

光樹【こうじゅ】とまと とは……

佐賀県川副町で作られている大玉トマト。
光樹とまと部会の幾重もの選果規準をクリアしたトマトだけを光樹とまとブランドとして選定し、その品種は、サカタのタネ育成のサンロード。
日本で唯一、グループ全体でその栽培に取り組み、その市場評価は極めて高い。糖度、酸味、食味のバランスがひときわ良好で、特に食べた時に口の中でとろけるような舌触りが絶妙である。その食味は、トマトブリーダー界で言われるメルティー質を十二分に味わえる至極のなめらかな食感は他の大玉トマトの追随を許さない。
江島史織さんプロフィール 太陽の光をいっぱいに浴びた光り輝くようなトマトの樹という意味を込めて【光樹】と命名。
ロゴは、佐賀出身の書道家、江島史織さんに書いてもらいました。

 

江島史織様プロフィール

島史織さんとの出逢い

光樹とまと

今回のHP制作にあたり、「和」をテーマにしたHPにしたいという気持ちからトップのロゴを「書」にしようと決めました。
佐賀独自の「光樹とまと」だからこそ、佐賀出身の書道家に書いてもらえたら…
そんな思いで制作に入ったとき江島史織さんの書と出逢いました。
駄目で元々とは思いながら依頼してみましたところ、思いとはうらはらに快諾して頂き、ロゴを書いてもらえる運びとなりました。
私たちのわがままで、ご迷惑もかけましたが、イメージ通りのロゴができるまで何度となく筆を執って頂き、本当に感謝の一言につきます。

 

佐賀市出身。東京学芸大学大学院在学。
2004年フジテレビ「東京湾景」書道担当に選出。これを機に同局「危険なアネキ」の焼酎「みながわ」ラベル文字、金曜エンタテイメント「生きててもいい…?」の題字、日本テレビ 岡本太郎特番内再現ドラマにてペン字吹き替え等を担当。2006年フジテレビ「不信のとき」でも書道担当を手掛ける。

江島史織

 

 

光樹とまとハウス

有明海の恵みの干拓と土へのこだわり

北には、佐賀の最高峰の「天山」。南には宝の海「有明海」の豊富なミネラルと潮風の干拓地で、さんさんと降りそそぐ太陽の恵みをいっぱいに浴び光樹とまとは栽培されています。

堆肥

有明海

佐賀平野

 

佐賀県特別栽培の認証を受けた安心・安全な栽培

佐賀県特別栽培(減化学肥料・減農薬)の認証を受け、生産者も消費者という考えの中、生産者が自信を持ってより安心、より安全なトマト栽培に心がけています。

佐賀県認証マーク

 

マルハナバチによる自然交配

マルハナバチによる自然交配

マルハナバチによる自然受粉をしています。
黄色が強く、元気なトマトの花にしか訪花しません。
確実にトマトの果実を着果させるために、栽培管理に気を配っています。

真っ赤になるまで収穫しません

真っ赤になるまで収穫しません

トマト本来の味を求め他のトマトより長く樹で熟してから収穫しています。
それにより、旨味が増したトマトになります。

 

おいしいトマトができるまで 〜栽培表と工程表〜

光樹とまと栽培表

土づくり

土づくり

トマト作りの基本は、やっぱり「土作り」。
夏場に堆肥づくりをして、秋からの定植作業に向けて、しっかり土作りをします。

矢印

播種

播種

セルトレーに一粒一粒、播種していきます。
『今年もおいしい光樹とまとができますように・・・。』と気持ちをこめて、種まきします。

矢印

トレー鉢

トレー鉢

光樹とまとの苗作りです。 植付けまでおよそ50日~55日間、苗を育てていきます。
『苗半作』と言われるように、育苗期のできしだいでその年のトマトのできが決まります。
わが子を育てるように愛おしく育てていきます。

矢印

定植

定植

いよいよ光樹とまとの植付けです。
定植した後の水やりが最重要ポイントです。
根が活着するまで、トマトの表情とにらめっこ。とても神経を使う時期です。

矢印

受粉作業

受粉作業

部会員の大半が、マルハナバチによる受粉作業をしています。
黄色が強く、元気なトマトの花にしか訪花しません。
確実にトマトの果実を着果させるために、栽培管理に気を配っています。

矢印

収穫前

収穫前

収穫まであと少し。
この時期はトマトの整枝作業や摘果作業を中心に栽培管理をしています。
トマトの果実はまだ青いですが、おいしいトマトができるかどうか、あらかたではありますがこの時期にわかるんですよ。
今年も、おいしい光樹とまとになりそうです。

矢印

収穫中

収穫中

光樹とまとが真っ赤になりました。
光樹とまとの収穫期は赤熟してからです。
太陽のエネルギーと、大地のミネラルを一日でも長く吸収させてから収穫します。
この赤熟した光樹とまとの収穫を終えるとみなさんの食卓へと運ばれます。

 

 

味へのこだわり

 

メディア掲載

 

生産地から直送で採れたてのトマトを食卓へお届けいたします。
まとめ買いや定期購入もOK!

 

光樹とまと 小玉レギュラー箱

光樹とまと1kg

※画像をクリックすると、拡大画像を見ることができます。

糖度・酸度・食味のバランスがひときわ良好。有明海の潮風と、広大な佐賀平野のミネラル、ふんだんに降り注ぐ太陽の日差しを浴びて育った光樹とまと。その絶妙なとろけるような舌触りを是非ご賞味ください。
※玉数10~16個入ります。

販売ページへ

※「販売ページへ」ボタンをクリックして光樹とまと購入サイト「さがまちショップ」でご購入下さい。

★1kg箱 ¥3,000(税別)

光樹とまと 特秀 お徳用箱

光樹とまと4kg

※画像をクリックすると、拡大画像を見ることができます。

大多数のお客様の『もっと!』というご要望の声にお応えして、お得用をを追加いたしました。 光樹とまとの醍醐味である甘酸っぱい香りとコクのある風味、とろけるような舌触りを心行くまでご堪能ください。

※4kg箱(サイズ)満杯詰め

販売ページへ

※「販売ページへ」ボタンをクリックして光樹とまと購入サイト「さがまちショップ」でご購入下さい。

特秀4kg箱 ¥6,000(税別)

 

光樹とまと 秀

秀

※画像をクリックすると、拡大画像を見ることができます。

光樹とまとの中では標準ランクです。一度食べていただくと、光樹とまとの レベルの高さがわかります。表面に多少のキズが入っていますが、味は「特秀 光樹とまと」と変わりません。

※4kg箱(サイズ)満杯詰め

販売ページへ

※「販売ページへ」ボタンをクリックして光樹とまと購入サイト「さがまちショップ」でご購入下さい。

4kg箱 ¥5,500(税別)

光樹とまと 優

優

※画像をクリックすると、拡大画像を見ることができます。

形・大きさにばらつきはありますが、家庭用・レストラン等の飲食店などで使われています。トマトの表面にチャック果がありますが、味そのものに変わりありません。 食べた食味は「特秀 光樹とまと」と同じです。

※4kg箱(サイズ)満杯詰め

販売ページへ

※「販売ページへ」ボタンをクリックして光樹とまと購入サイト「さがまちショップ」でご購入下さい。

4kg箱 ¥4,500(税別)

 

三ツ星光樹

三ツ星光樹

※画像をクリックすると、拡大画像を見ることができます。

選果日に合わせて、JAによる糖度検査と光樹とまと部会員による食味で選ばれた、最も優れた生産者のトマトが「三つ星光樹とまと」として箱詰めされます。

※4kg箱(サイズ)満杯詰め

販売ページへ

※「販売ページへ」ボタンをクリックして光樹とまと購入サイト「さがまちショップ」でご購入下さい

三ツ星光樹 ¥8,000(税別)

 

極光 オーロラ

オーロラ

極光 オーロラ

※画像をクリックすると、拡大画像を見ることができます。

光樹とまとの中で超特級ブランドとして位置付けられる極光(オーロラ)。
糖度・酸度が極めて高く、濃厚な味わい。光樹とまと職人の厳しい目と勘、長年の経験により選別されるために、ごく少量の出荷しかできませんが、黄金の輝きを放つ、スターラインをまとった極光(オーロラ)を 是非一度ご堪能ください。

販売ページへ

※「販売ページへ」ボタンをクリックして光樹とまと購入サイト「さがまちショップ」でご購入下さい

超特級オーロラ1kg箱 ¥10,000(税別)

 

TOPへ